外壁塗装は定期的に行う【住宅の美と健康】

外壁塗装をする

修繕の目安を知る

マンションの外壁塗装をする時には、修繕の目安を知って適切な時期に外壁塗装をすることが大切です。マンションの場合新築から4年から5年で一度メンテナンスを考える必要があり、特に防水保護は重要といわれています。日々の暮らしの中で雨や日差し、風などの自然災害によって新築とときに行われた防水塗装の効果も薄れてきているので、まずはじめに防水に関する塗装を行うことが大切です。マンションにヒビが入っている場合や藻などを見つけたのであれば、修繕時期に関係なく塗装や補修をする必要があります。他にも10年程度の年数が経ったのであればマンションの鉄部塗装もすることが大切です。鉄は時間が経つにつれて錆が発生してしまうので、細かくチェックしておくことが大切です。

様々な塗料を知る

マンションの外壁塗装に利用する塗料も様々な種類があり、それぞれで耐久年数が異なります。最も安いと言われているのがアクリル系塗料ですが、この場合耐久年数も薬4年程度といわれており非常に短いです。塗装の持ちを長くしたいのであれば光触媒の塗料が良いといわれており、この塗料であれば約20年近くもつといわれています。その分価格もかなり高くなるので、予算との相談も必要です。マンションの外壁塗装の場合、建物が大きい分塗装をする為の足場などにも費用がかかるということも踏まえて塗料を選ぶことが大切です。塗料の中で最もコスパが良いと言われているのがシリコン系塗料で、この塗料であれば価格と耐久製のバランスが非常に良いので多くの業者で利用されています。

Designed by CSS.Design Sample